Youtuberになりたいというなら子供のうちにやらせたほうが絶対良い!その理由。

はじめましての方ははじめまして。

当ブログ管理人のDAsanです。

子供の将来の夢の第一位がYoutuberだったり、親がなってほしくない職業第一位がYoutuberだったりするようですが、

Youtubeに動画投稿している立場で言わせていただくと、子供がやりたいと言うなら、子供のうちにやらせてみたら良いんじゃないかな?と思っています。

子供のうちにYoutuberをやらせてみたほうがいい。その明確な理由について書いてみたいと思います。

なぜ子供はYouTuberになりたいと思うのか?

なんで今の子供達はYouTuberになりたいと思うのでしょうか?

単純にテレビを見ている時間よりも、YouTubeを見ている時間が増えているのもあると思います。

また、Youtubeの動画というのは見ている人にとって興味があり楽しそうな動画がどんどんおすすめされる仕組みになっているので、その事もあって自分にとって興味があり、楽しい世界に見えているのだと思います。

わたくしDAsanはアラフォー世代なので、子供の頃にみんながテレビてみて憧れた職業を目指す人がとても多かったのを覚えています。

たとえば、カリスマ美容師ブームのときはたくさんの人が美容師を目指していました。

子供の頃の夢ってシンプルな憧れですよね。

YouTuberを目指すなら子供のうちのほうがいろいろ学べる

YouTuberを目指すのにはなんの資格もいりません。

誰でも出来るからこそ色んな人が、いろんな情報を発信しているわけです。

だったら親としてコントロール出来る子供のうちにYouTuberを目指させてみたら良いんじゃないでしょうか?

動画を撮影させて、動画編集させて、完成した動画をチェックして、投稿する。

そうすれば自分のチャンネルに投稿する動画を親としてちゃんと内容を見ることが出来るので安心だと思います。

動画の撮影方法、動画の編集方法、そういった技術が子供のうちに身につくのは大きな力になると思います。

また、面白いと思ってもらえるにはどういう企画で、どういった編集をする必要があるかを考えるのは、学校や塾や習い事の勉強を遥かに超えた、実用的な学びがあると思います。

もしそれらを考えて試行錯誤するようになるなら、ものすごくコスパの良い習い事だと思います。

YouTuberで子供の動画は伸びやすい

例えば同じようなギターを弾いてみた動画があったとして、

A・それなりに経験がある人の弾いてみた動画
B・プロの弾いてみた動画
C・子供の弾いてみた動画

この3つならどれが一番再生されるでしょうか?

答えがCの子供の弾いてみた動画です。

A・Bは、その人のファンは見ると思いますが、知らない人の演奏してみた動画を積極的に見たいと思う人は少ないと思います。

でも、小さい子が大きい楽器を演奏しているサムネイルを見つけたら、見てしまいませんか?

テレビでも「はじめてのおつかい」のような子供に注目した番組が人気があるようにYouTubeでも同じように人気があります。

そのために子供がYouTuberになりたいというなら、子供のうちにやらせたほうが人気になる可能性は高いと思います。

「大人になってから好きなことやりなさい」と言う大人が多いせいで、20代のYouTuberがどれだけいて、その競争の多さからどれだけ見られていないかを考えてみると、子供のうちにやらせたほうが人気を得やすいと思います。

子供のうちの失敗は大変なことにならない。

中高生くらいになって、親の見ていないところではじめちゃって、おかしな事をして炎上して大変なことになるくらいなら、

もっと小さいうちに親のコントロール下で動画投稿を始めれば、変なことにならないと思います。

それには親御さんがちゃんとネットリテラシーを持っている必要があると思いますが、小さいお子さんをお持ちの世代なら、もうネットネイティブ世代だと思うので問題ないと思います。

また、親の扶養の間ならYouTubeが収入にならなくても、生活に問題が無いので、そういった意味でも子供のうちなら辞めちゃっても大変なことにはならないと思います。

大人になってYouTuberを目指していたけど、どうにもならずに履歴書に空白を作ることになるよりは、よっぽどマシだと思います。

子供のうちにYouTuberを目指したところですぐにやめる

子供のうちにYouTuberをやらせて、変に上手くいって不安定な収入のまま大人になったら心配。

そんな考えになる親御さんもいると思います。

でも大丈夫です。

安心してください。

ほとんどの子供はすぐに飽きてやめます。

お子さんは、一つのことをずっと継続してやっている事ってありますか?

そういう子はなかなかいないと思います。

そもそも、そういう子はそれに熱中しているので「YouTuberになりたい」とは言わないんじゃないかな?

もしそういう子がYouTubeでその熱中していることをやると言うなら良いと思いますが、

ただ「YouTuberになりたい」という子は、すぐに動画作りに飽きて辞めると思います。

動画のネタを考えて、動画の撮影をして、動画の編集をして、親にチェックしてもらって、動画投稿する。

そして再生されない。

はじめはこれの繰り返しです。

「YouTubeに動画を投稿する」という目的なら満足すると思いますが、「YouTuberになって人気になりたい」と考えているなら、これをやってみて現実に気づくんじゃないでしょうか?

それでも続けたいと思う子は、そうとう少ないと思うので、ほとんどの場合は思い通りにならなくてやめちゃうと思います。

・YouTubeチャンネル登録者数1000人
・総再生時間4000時間

これが今のYouTubeの収益化のボーダーラインです。

このハードルの高さはやってみたらわかると思います。

一度YouTuberにならせてみたらその大変さがわかる

という事で「YouTuberになりたい」と言うなら、親のコントロール下にある子どものうちにやらせてみたほうがいいというお話でした。

わたくしDAsanが毎日投稿しているYouTubeチャンネルはまもなく2年が経ち、現在1600人程度、総再生時間は3200時間という状態で、今だ収益化出来ていません。

でも子供の動画というのは爆発力があるので総再生時間は1発で稼げる可能性がありますが、チャンネル登録者数はコツコツ積み重ねなので、頻繁に更新していく必要があります。

それを言っても子供というのはわからないものですから、是非一度、体験させてみてはいかがでしょうか?

それではまた次の記事でお会いしましょう^^

 

【ブログ投稿主DAsanのプロフィール】
https://da-san.work/profile/

【ブログ外で投稿主のやってること】
ギターブースター製作 D.A-project
https://daprojecteffector.com/
ニコニコ動画投稿
https://www.nicovideo.jp/user/17005243
Youtube動画投稿
https://www.youtube.com/channel/UCAj8wqPqMZdAxpURAT_rSxg
小説投稿 pixiv
https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=15570584

最新情報をチェックしよう!