Youtubeで伸びるのにニコニコ動画で伸びない Youtubeとニコニコ動画の伸びる動画の明確な違い

はじめましての方ははじめまして。

当ブログ管理人のDAsanです。

最近、ゆっくり茶番の商標登録の問題で、ニコニコ動画が対応したことにより、普段Youtubeにだけ投稿していた人が、ニコニコ動画にも投稿するようになっているようです。

でも、同じ動画を投稿しても、Youtubeでは伸びても、ニコニコ動画では伸びない動画もあるようです。

わたくしDAsanは二年以上ニコニコ動画とYoutubeに毎日動画投稿を続けてきています。

そんな中でわかった、Youtubeとは違う、ニコニコ動画ならではの動画の伸ばし方について書いてみたいと思います。

ニコニコ動画にあってYoutubeにない、ランキングを理解する

ニコニコ動画を見ている人たちの多くは見たいジャンルの動画の中でもコメントが盛り上がっている動画に集まります。

そういう動画を見つけるためにランキングを見て、盛り上がっている動画を探します。

そういった相乗効果があるので、ちょっと前に盛り上がったFF10の「おとわっか」の動画のように急激にバズってミームが生まれるということがニコニコ動画ではたまにあります。

Youtubeの場合は、普段見ている動画と関連性がある動画がオススメに出てくるだけで、なにか盛り上がっている動画は急上昇で見ることも出来ますが、自分の好きな分野だけを見ることはできず、他のネットニュースなどから知るという流れになることが多いと思います。

そういった点でニコニコ動画は自分好みの盛り上がっている動画が探しやすく、ランキングを利用することが当たり前になっています。

このランキングのシステムは、どういった計算で順番が決められているのかは明言されていませんが、再生数、コメント数、いいね数、マイリスト数が影響しているのは間違いなく、ニコニコ動画の大きな特徴でもあるリアルタイムで表示されるコメントの数はかなり重要になっているように感じています。

ニコニコ動画のコメントと、Youtubeのコメントの大きな違い

ニコニコ動画の大きな特徴のリアルタイムのコメント表示ですが、Youtubeでも似たような機能としてチャットがあります。

でも、Youtubeのチャットは、ライブ配信や、プレミアム公開時のチャットしか反映されず、その時に見ていた人だけが参加できる仕組みです。

Youtubeの動画の下にコメントがありますが、これは動画を見た後に総括としての感想をかけますが、これは逆にニコニコ動画には無い機能ですね。

一方、ニコニコ動画の動画へのコメントは、常にリアルタイムでコメントすることができ、そのコメントはある程度蓄積されていくので、始めに見た時はあまりコメントがなかったとしても、しばらくしてから見に行くとたくさんのコメントで盛り上がっているということがあります。

これがニコニコ動画の再生数が伸びる大きな特徴で、動画自体は同じでも、コメントによって見え方が大きく変わるので、また改めて見に行きたくなるという特徴があります。

そのためにニコニコ動画ではこのリアルタイムのコメントをいかにして書き込んでもらえるかを仕掛ける必要があるわけです。

ニコニコ動画のコメントを稼ぐ方法

ニコニコ動画でコメントを誘導する方法として、テンプレを入れるのが一番手っ取り早いと思います。

「なんでも」→「ん!?」

とかが有名ですが、そういったネットミームのようなコメントを誘導すると、コメントする側もやりやすいと思います。

また、解説動画の場合、完璧に解説したいところですが、ある程度コメント有識者に委ねることも大事だと思います。

Youtubeの場合は資料として動画で学びたい人もいるので、見やすい完璧な動画というのは再生数に繋がります。

しかし、ニコニコ動画の場合は完璧な説明をされるとツッコミどころもなく「なるほど」と相槌を打つくらいしか出来ないので、あまりコメントがされず、ランキングに載らないということがあります。

そのためにコメントに委ねるというのも大事になりますが、そうするとYoutubeの資料的な動画としては物足りないものになり、このバランスは難しいところだと思います。

もう一つの方法として、賛否両論のある話題を持ち出すという方法です。

ネタ的なものでいうと、

きのこたけのこ戦争
からあげレモン

などの、賛否両論ある話題に触れると、コメントが盛り上がりやすいです。

とくに盛り上がっているような話題に触れると、それの肯定派、否定派の論争になります。

この動画では実験的に、個人的にちょっと嫌な気持ちになった出来事をあえて動画に入れ込んで、音楽制作にかかわる人や技術について解説したのですが、

普通に音楽の解説をしたところで、音楽がもともと好きな人や、ある程度興味がある人しか見ないのですが、「有名Vtuber」とタイトルに入れただけでそれに触れている部分でコメントがめちゃくちゃ増えました。

この手法は、ネットメディアやYoutubeのタイトル等で当たり前に使われている方法ですが、個人的にはあまり好きな方法でな無いのですが、今回は実際に効果があるのか確認するために、この動画で試してみました。

そして、実際にその話題に触れている時はコメントが活発になりました。

個人的にはおまりおすすめしたい方法では無いですが、残念ながら効果がある方法ではあるので、バランスを見て利用する必要はあるように思います。

ニコニコ動画向けに作りすぎるとYoutubeで伸びなくなるので注意

ニコニコ動画に向けて、ツッコミを入れたくなる動画はとても効果的なのですが、その動画をYoutubeで投稿すると物足りないものになりえます。

確かに内容が面白ければYoutubeでも伸びると思いますが、バランスを上手く取らないと、Youtubeだと物足りないものになるとおもいます。

また、コメントによるツッコミを求めている動画の場合は、動画を見終わるまで視聴者が耐えられないようにも感じています。

実際にニコニコ動画ではある程度再生されていて、わたくしDAsanも楽しく見ている投稿者さんの動画を例として紹介すると、

こちらの動画は、ニコニコ動画ではツッコミのコメントで盛り上がっているのですが、Youtubeではあまり再生されていません。

ツッコミがあって成立するのもあり、面白いけど「なんだこれ?」っていう印象が強いんだと思います。

おすすめの投稿者さんなので、ぜひ見てみてほしいのですが、動画の内容がニコニコ動画とYoutubeで見ると印象が違うのが解っていただけるかと思います。

 

ということで、今回はニコニコ動画で動画を伸ばすためにはコメントを書き込んでもらいやすくする必要があるというお話でした。

それではまた次の記事でお会いしましょう^^

 

【ブログ投稿主DAsanのプロフィール】
https://da-san.work/profile/

【ブログ外で投稿主のやってること】
ギターブースター製作 D.A-project
https://daprojecteffector.com/
ニコニコ動画投稿
https://www.nicovideo.jp/user/17005243
Youtube動画投稿
https://www.youtube.com/channel/UCAj8wqPqMZdAxpURAT_rSxg
小説投稿 pixiv
https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=15570584

 

最新情報をチェックしよう!