Youtubeで歌ってみた、演奏してみたでのContentsIDの著作権チェックに対する異議申し立てがどれくらいで承認されるか試してみた。

はじめましての方ははじめまして。

当ブログ管理人のDAsanです。

ちょっと前にニコニコ動画に投稿した動画で、音楽が出来るまでの解説をしたのですが、

その中で、Vtuberさんのカラオケ音源のクオリティに対して言及し、賛否両論あったなかのコメントで、

「YoutubeのAIにわからないように音源作らないと収益化出来ない」というコメントがありました。

YoutubeのコンテンツIDの本来の目的を知らずに書いているのかとも思いましたが、もしそういった理由で意図的にコンテンツIDチェックを回避しているとしたら本末転倒だと思ったので、じっさいに演奏してみたを動画として上げてみてどういう流れになるのかを確認してみました。

YoutubeのコンテンツIDとは?

コンテンツIDというのは、Youtubeに登録された著作物を自動的に識別して、投稿者にコンテンツIDの申し立て通知を送れるという物です。

例えば、著作権管理会社によってYoutubeに登録された音楽を、第三者が動画に使用して投稿したときに、自動で検知して通知を送るという、著作権を守るという点でとても優れた仕組みだと思います。

コンテンツIDとして作品を登録するには個人で直接は出来ないので、音楽の場合はTunecoreなどの音楽配信代行サービスを利用するか、JASRACやNextoneなどの著作権管理会社と契約する必要があるようです。

このコンテンツIDにチェックされたときの対応は著作権者側で設定できるようで、

1・動画を視聴できないようにブロックする
2・動画に広告を掲載して動画を収益化し、場合によってはアップロード者と収益を分配する
3・動画の視聴者に関する統計情報をトラッキングする

こういった3つの方法から選べるようで、現在では2番めの収益の分配をされる事が多いようですが、これはその著作権者によるということですね。

歌ってみたや、演奏してみたによって、聴いてもらえて、作品を作った著作権者と、新しく広めてくれたアップロード者で収益分配できるならとてもいいシステムだと、わたくしDAsanとしても認識していました。

著作権と著作隣接権

前提知識として、著作権に関わる最低限の理解が必要です。

著作権というのは、創作者が思想や感情を創作的に作られた著作物を保護するための権利です。

これは、オリジナルを作った当人が持つものですね。

そして、歌ってみた、演奏してみた動画をつくる方に向けた権利もあります。

それが、著作隣接権の中にあります。

著作隣接権と言うのは、創作者ではないが、著作物の伝達に重要な役割の人たち、
実演家、音源製作者などに認められた権利です。

という事で、歌ってみた、演奏してみたを投稿しようと思っている演奏家にも著作隣接権という権利があるということです。

詳しくはこちらをご覧ください。

著作隣接権とは?
https://www.cric.or.jp/qa/hajime/hajime4.html

Youtubeに演奏してみたを投稿したらどうなるのか

以前に、ベースとギターの録音チェックで適当に録っていた陰陽座の甲賀忍法帖を簡単に動画にして投稿してみました。

出来が良いものでは無いので限定公開で投稿しましたが、赤枠のように表示が出ました。

内容としては、

著作権の申し立て

著作権の申立により、動画の収益化の対象外となっています。
この措置が誤りであると思われる場合は、詳細を確認の上異議申し立てを行ってください。
異議申し立てが解決されるまでは収益は別途で保留状態になります。

こういった表示になります。

この状態では、収益化出来ない状態ということですね。

でもこの音源を演奏し、動画を作ったにしたのはわたくしDAsanで、著作隣接権を持っているわけです。

という事で、「音源をそのままアップロードしてるわけじゃないよ」という、異議申し立てが出来るので、やっていきます。

Youtubeの著作権の申し立てに異議申し立て手続きをする

先程のメッセージの詳細をクリックするとこういった画面が出ます。

この画面を見てみると、この段階ではチャンネルへの影響があるわけではなく、この動画の収益化が出来ないだけということですね。

わたくしDAsanのこのチャンネルはまだ収益化出来ていないので、問題は無いのですが、

せっかく歌ってみたや、演奏してみたの動画を作って収益化出来ないというのも残念な気持ちになるでしょうね。

という事で、異議申し立てを進めるために、赤枠の操作をクリックします。

スクショが撮れてなかったのですが、以下の3つが出たと思います。

・該当部分を無音にする
・動画を削除する。
・異議申し立てをする

この中の「異議申し立てをする」クリックします。

するとこういった画面が出て、下にチェックボックスがあります。

内容としては、左から、

左:CD買ったからって勝手にアップロードしちゃダメだよ
中:収益化してないからって、人の著作物を投稿したらダメだよ
右:著作者を紹介しても、人の著作物を投稿したらダメだよ

ということですね。

チェックをして次に進みます。

この画面は異議申し立ての内容を選ぶところですね。

上から説明してみます。

1、オリジナルコンテンツ
自分で作った曲や映像がたまたまコンテンツIDチェックにひっかかってしまった場合はこちらですね。

2、ライセンス
事前に著作者から直接承諾を得ている場合はこちらですね。

3、著作者保護の例外(フェアユースなど)
今回の演奏してみたや、歌ってみたの場合はこれですね。
このフェアユースにどういった物が有るのかは次の画面で見られます。

4、パブリックドメイン
フリー素材や著作権が切れたものなどはコレに該当しますね。
著作権が切れているはずのクラシック曲はいろんな演奏家が、自分が演奏したものをコンテンツID登録しているようで、コンテンツIDチェックでひっかかりやすいようなので、そういったものもコレに該当するのかもしれません。
3でも良さそうですけどね。

著作者保護の例外(フェアユースなど)を選んで次へ進みます。

このページではフェアユースについて書かれています。

フェアユースというのは、ここに書かれている通り、著作権に対する例外ですね。

どれくらい著作物に対してオジリナル性が加えられているか明確な基準はないよ。という事が書かれています。

自分なりのオリジナル性があるというなら進んでねって感じの内容ですね。

念を押すためのメッセージですね。

個人的には、カバーをするにも自分なりの表現をするのが歌ってみた、演奏してみただと思っているので。

ただのカラオケ気分の人をふるいにかける意味合いもあるかもしれませんね。

次へ進むと、具体的にどういう動画なのかを問われます。

これはとても重要な内容だと思いました。

これらに該当するならフェアユースとして、著作物を利用しても異議申し立てして通る場合があるということになりますね。

気になった物をいくつかピックアップしてみます。

プロモーション動画

PVとは別だと思うのですが、例えば音楽番組のような音楽を紹介する動画だったらプロモーション動画に該当するのかもしれませんね。

リミックスまたはマッシュアップ

BGM用にあるジャンルの音楽を長くつなげた動画があったりしますが、そういったものもコレに該当するのかもしれません。
収益化できるからたくさんあぁいった動画があるんですね。

リアクション動画

たまに海外の方が日本のアニメや音楽などにリアクションする動画がありますが、あれもこのリアクション動画として収益化できるのかもしれません。

ダンス動画

いわゆる踊ってみたですね。たしかに踊ってみたの場合は音楽の改変が無いのでどうしているのか気になっていたのですが、こういった理由で異議申し立てが出来るようになっているんですね。

こういった様々な動画に合わせて異議申し立て出来るようになっているのをこの画面を見て知りました。

今回はカバー曲なので選んで次に進みます。

これが最後のページです。

理由を書いて、下の項目にチェックをして署名をして送信すれば、異議申し立ての終わりです。

チェック項目の一番の項目に、

不正に異議を申し立てた場合、Youtubeアカウントが削除される場合があることを了解しています。

というのに少しビビりましたが。

まぁ、不正はしていないので大丈夫でしょう。

理由に書いた内容が、日本人がこういう場面で書くであろうテンプレと比べると短すぎると思いますが、

内容的に却下される理由はないので、試す意味でシンプルな内容で送りました。

こういう手続で、文量で違った結果になるのはおかしいですからね。

という事で、これで送信をしたら。

こういったメールが届きます。

このメールの下の部分に、

著作権者が30日以内に、提供された情報を確認の上なんらかの対応を行います。

遅くとも、30日以内に結果がでるということです。

異議申し立てをしてどれくらいで対応されたのか

動画を投稿して、異議申し立ての手続きをしたのが、6/28でした。

それからどれくらいで対応されるのか、たびたび動画のステータスを見ていました。

このように表示はとくに変わらず、マウスオーバーすると「異議申し立て中です」と表示されていました。

ここが変わるのを待っていました。

そして、忘れかけた頃に制限の項目が「なし」に変わっていました。

これに気づいたのが8/1でした。

それだと30日以上かかっているので、おかしいですが、

わたくしDAsanは毎日投稿の動画を毎週月曜日にまとめて投稿予約しています。

このタイミングで必ず確認していたので、7/25(月)には変わっていない事を確認しているので、その間に変更されたことになるので、27日から30日かかっているという結果になりました。

今の時代にこのスピード感はちょっと遅いように思いました。

収益については異議申し立て期間は保留になっているということではありますが、わたくしDAsanのこのチャンネルは収益化出来ていないので、そこまで検証は出来ませんでした。

歌ってみたや、演奏してみたを投稿するなら限定公開で、異議申し立てをクリアしてから公開するのが気持ちよく投稿できるような気がしました。

意図的にコンテンツIDを回避するのはどうだろう?

今回試した、異議申し立ての手続きと、期間を考えると、面倒だから初めからコンテンツIDに引っかからないように改変して動画を作るという手段をとる人がいても不思議ではないように思いました。

しかし、それはコンテンツIDを回避しただけであって、考え方によっては意図的に著作権を侵害している事になります。

Youtubeのシステムや、使い勝手に問題があるとしても、そこで活動する上ではその場のルールを守る必要はあります。

また、Youtubeで活動しているコンテンツ提供者が、自ら他人のコンテンツの著作権を侵害しているとなると、信用問題にもなります。

他人のコンテンツを利用して、自分の集客や利益につなげようとしているんですから、ある程度の手続きは必要です。

コンテンツIDはうまく利用すれば、著作権者と、クリエイター双方に収益が分配される、正しく機能すれば素晴らしいシステムだと思います。

個人的には、自分でいろいろ作りたい性格なので、コンテンツIDにお世話になることはあまりないと思いますが、

これから歌ってみたや、演奏してみたを投稿したい方の参考になればと思います。

 

カラオケ音源を作って欲しい人におすすめの知人を紹介しておきます。

C.Nem Studio@歌みたカラオケ&Mix依頼

 

それではまた次の記事でお会いしましょう^^

 

【ブログ投稿主DAsanのプロフィール】
https://da-san.work/profile/

【ブログ外で投稿主のやってること】
ギターブースター製作 D.A-project
https://daprojecteffector.com/
ニコニコ動画投稿
https://www.nicovideo.jp/user/17005243
Youtube動画投稿
https://www.youtube.com/channel/UCAj8wqPqMZdAxpURAT_rSxg
小説投稿 pixiv
https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=15570584

 

最新情報をチェックしよう!