時間がない?そんな人もやりたいことをやるための時間は作れる考え方

なにかやりたい物を見つけた時に、「時間が無い」を理由にしてませんか?

よく耳にする流れで、

「やってみたいことあるんだよね。」

「いいじゃん。やってみなよ。」

「でも時間がないから、時間が出来たらかなぁ」

これってよくあると思います。

これを聞いた時に僕は「本当にやりたいのかな?」って思っちゃいます。
そして時間っていつ出来るんでしょうか?

僕はどちらかというとやりたいことを見つけたらやってきた側の人間なので、どうやって時間を作ったか?を書いてみたいと思います。

おすすめしないが間違いなく時間を作る方法

この方法はおすすめ出来ません。
ですが、間違いなく時間は作れて成果は出ます。
実際に僕がよくやっていたことですので実例を持って紹介します。

それは寝る時間を削るという方法です。

僕は地元鹿児島から18歳の時に上京しましたが、お金のやりくりに失敗し20歳で鹿児島に帰りました。
その後、改めて挑戦したくなり再度の上京を決意したときのことです。

派遣でホテルで夜間から朝までの仕事を始めたばかりの2月頃に決意しました。
その時はまだ上京できるような貯金もなかったので、その資金が必要だったのでさらに掛け持ちでバイトをすることにしました。
そして当時できたばかりの商業施設内の飲食店のオープニングスタッフとして働き始めました。
そのバイトを始めた頃はまだシフト管理等が出来ていない状態だったのでオープン前に行って、ホテルの勤務時間前に終わって、そのままホテルでの勤務をしていました。

ホテルでの勤務は18時から6時か、20時から8時の12時間拘束で、4時間仮眠を含む休憩時間がありました。飲食店のアルバイトは10時から17時位までの時間でやっていました。

ホテルと飲食店の距離は車ですぐだったのですが、そのホテルから家までは車で40分くらいありました。
そのため一日の睡眠時間はホテルでの仮眠時間の中の2.3時間だけでした。

しばらくすると飲食店の稼働も安定してきてある程度休みがもらえるようになりましたが、両方の休みがかぶることはほとんど無いままでしたが、目標の金額が5月頃には見えはじめて、7月に上京できました。

その3月から6月までの間は周りからずっと心配されていました。
自分でもよくやれたなと思いながらも、やっぱり執念とも言える思いがあったからだと今では思います。

が、やはりこんな方法は人におすすめできるものではありませんが、これほどに強くやりたいことがあればすでに同じような勢いでやられている方もいるでしょう。

短い時間を毎日作って継続する

本当に1分1秒単位でスケジュールが埋まっている人って僕は見たことがありません。
例えばギターを弾けるようになりたいなら1日10分だけ毎日練習すればいいと思います。
1日10分なら誰にでも作れると思います。

始めたばかりでは準備に手間取るかもしれませんが、時間に追われているのなら、効率的になるでしょうし、始めたての10分と毎日続けた1年後の10分では密度が変わってきます。
なので、短い時間でも続けられるように自分で調整して始めて、そして続けることが大事だと思います。

僕も2020/4/3から毎日動画投稿をしています。
それはこれくらいの稼働時間ならというのを前提に決めて、時間がかからない簡単な動画制作からはじめて、より効率的になってきて対して変わらない作業時間でクオリティーを上げてこれました。

例えに出した1日10分でもどんなことでも毎日やれば、1年後にはある程度出来るようになっているでしょう。

お金を使えば時間を使わずにすむ方法

今はいろんなツールが無料であります。

音楽を作るにしても、動画を編集するにしても、絵を書くにも、3Dモデルを作るにも、すべて無料のソフトがあります。

実際のものを扱うことでも、ネットで検索すれば無料でたくさんの情報を得ることが出来ます。

ですが、プロの人は有料の、それも高額な物を使っています。

それにはどんな違いがあるか?です。

よくプロの人が無料のものを「十分使えます。」なんて言ってますが、それはその通りなのですが、それはプロの技術をもってしてという前提です。

イメージしたものに近づけるために必要な事をすでに知っているので、どういう方法を取ればいいか解っているので、道具はある程度使えればちゃんと形にできます。

それでもなおプロの人は高額な物を使っているいる理由は、圧倒的に便利で扱いやすいからです。

当然、扱い慣れているというのもあるでしょうが、日々作品を作るプロのために作られているので扱いやすく、効率よく作られているに決まっています。

また、現在は様々な物が自動化されています。

例えば音楽の場合、曲を作るためのコードがわからなくてもそれをアシストしてくれる、ソフトがたくさん提供されています。

ピアノが弾けなくても、代わりにピアノを弾いてくれるソフトもあります。ベースも、ギターもシンセも、自動でフレーズも考えてくれるソフトだってあります。

それらにお金を使えば、何段階もスキップして作品を完成させることが出来ます。

また、それらを使っていくことで結果的に覚えていくことになるので、無料ソフトの中で、自分で覚えながらやっている人よりも早く作品を完成させることが出来ると思います。

また、実際のモノ作りでも今は個人向けに様々なサービスがあります。

「絵やデザインは書けるけど、これでグッズが作りたい。」

そんな人向けにBOOTHや、SUZURIがあります。

デザインをアップロードすれば様々なグッズを初期コスト無しで作ってくれます。

または、動画撮影までは出来るけど、編集ができないという人はココナラを使うのもいいと思います。

ココナラでは、様々な事を代行してくれます。

全部できなくても、自分ができる範囲以外は出来る人に依頼すればやりたかったことをカタチに出来ると思います。

使える時間を考えて、ある程度予算を使えば出来る。

そいうわけで、どんなことでもやりたいことがあるならたくさん調べて自分ができる予算や時間の中で調整して始めて、それを継続していけば出来るようになります。

そこに踏み出すには失敗して当たり前、間違って当たり前、それを学びにして成長することで、「やりたいけど・・・」から脱却して出来るようになると思います。

そんなお話でした。

それではまた次の記事でお会いしましょう^^

【ブログ外で投稿主のやってること】
ギターブースター製作 D.A-project
https://daprojecteffector.com/
ニコニコ動画投稿
https://www.nicovideo.jp/user/17005243
Youtube動画投稿
https://www.youtube.com/channel/UCAj8wqPqMZdAxpURAT_rSxg
小説投稿 pixiv
https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=15570584

 

 

最新情報をチェックしよう!