PC版、JAVA版マインクラフトをモッドを入れて快適に遊ぶためのパソコンの選び方

わたくしDAsanは毎日マインクラフト動画を投稿しています。

このマインクラフトでは影モッドを使用して遊んでいます。

この毎日マインクラフト以外にも様々なモッドパックを遊んできました。

マインクラフトをプレイするにはそんなにハイスペックは必要ありませんが、こういったモッドを使用するとなると、ある程度のスペックが必要になります。

どれくらいのスペックが必要なのか、どこに気をつけるべきなのか、書いてみたいと思います。

マインクラフトでモッドを遊ぶにはCurseForgeが便利

まず、マインクラフトでモッドを使って遊ぶには、モッドを読み込める環境を自分で作ル必要がありますが、CurseForgeを利用すれば、簡単に遊ぶことが出来ます。

CurseForge
https://www.curseforge.com/

もともとTwichアプリだったものです。

こちらでIDを作成して、アプリをインストールすれば、有名なモッドパックや、自分でモッドを組み合わせて遊ぶことが出来ます。

詳しいダウンロード、インストール方法についてはこちらで紹介されていたので参考にしてみてください。

Modパック導入に必須な「CurseForge App」の使い方と導入方法【Minecraft】
https://pcmodgamer.com/game/minecraft/minecraft-curseforge-app

マインクラフトで影モッドで遊ぶならグラフィック性能が必要

マインクラフトのモッドといえば影モッドが有名ですが、影モッドというのはOptifineというモッドと、シェーダーパックによるものです。

Optifineはマインクラフトのグラフィックについてを軽量化したり、よりキレイに描画するようにしたりといった機能を追加するモッドです。

その中の機能で、シェーダーパックを追加できるようになり、影や水の描写がよりリアルになります。

このように、左がSEUSシェーダーというシェーダーパックを適用したマインクラフトで、右が通常のマインクラフトです。

このようなシェーダーパックを適用して遊ぶにはグラフィック性能が必要になります。

グラフィックボードが搭載されていない、オンボードグラフィックのパソコンでは表示はできるかもしれませんが、ゲームとして快適に遊ぶには困難だと思います。

わたくしDAsanはGTX1070というグラフィックボードを使用しています。

このグラフィックボードで60FPSくらいでプレイできますが、ゲームを進めていって、いろんな施設を作っていくにつれて、徐々にワールドが重くなってくるのに伴って30FPSくらいまで下がります。

そのため、影モッドで快適に遊びたいなら、今ならRTX2060や、RTX3060以上は欲しいところです。

しかし、これはあくまで影モッドによって見た目をよくするためなので、普段は影モッド適用せずに遊んで、スクショの撮影のときだけ影モッドを適用するならGTX1660やGTX1650でもいいと思います。

グラフィックにこだわるなら、グラフィックボードを強くする必要があるということですね。

マインクラフトでモッドパックを遊ぶならメモリーが16GB以上必要

マインクラフトのモッドの中でも、複数のモッドが入ったモッドパックというのがあります。

複数のモッドを利用したクエスト形式になっていたりします。

以前、Stone Blookというモッドパックを動画にしていました。

こういったモッドパックはCurseForgeで無料で遊ぶことができるのですが、100を超える数のモッドをインストールして動かすのでかなりのメモリーを使用します。

わたくしDAsanが知っている中で、有名なSevtechAgesというモッドパックが一番メモリーの要求が高いと思います。

このSevtechAgesを安定して動作させるには8GBのメモリーの割当が必要になります。

このようにCurseForgeの設定で8GBを割り当てています。

6GBでも起動したのですが、遊んでいくとメモリー不足で落ちました。

また、CurseForgeで8GBを割り当てていますが、ゲームとしてはそれ以上にメモリーを使用していました。

このように10GBくらい使用しています。

以前パソコンの搭載メモリーが16GBだったときにはSevtechAgesをプレイしながら動画を見たりしていると、ブラウザがメモリー不足で落ちたりしていました。

そこで、メモリーを32GBに増設したところ、ブラウザで動画を見ながらSevtechAgesをあそんでいても安定しました。

そのため、大型のモッドパックを安定して遊ぶにはゲームだけするなら16GB、ブラウザを開いて動画を見ながらや、配信しながらを考えると32GBは必要になるということになります。

SevtechAgesに関わらず大型のモッドパックを導入するとどうしてもメモリーは必要になるので多めに搭載しておくことに越したことはありません。

マインクラフトでモッドを遊ぶためのCPU選び

マインクラフトでマルチコアの恩恵が受けられるのは4コアまでと言われているので、4コア以上のCPUなら問題ないと思います。

もちろん基本クロックはある程度必要になります。

しかしマインクラフトを動作するだけだったらそんなにハイスペックである必要はありません。

基本クロックが高くてそれなりのコア数があるCPUはIntelならcore i3、AMDならRyzen 3でも十分だと思います。

マインクラフトをしながら、動画撮影や生配信をするならそれ以上のマルチコアのCPUを選ぶといいと思います。

マインクラフトでモッドを快適に遊びたいならメモリーは多めにしよう

今回はマインクラフトでモッドを快適に遊ぶためのパソコンのスペックについて書いてみました。

わたくしDAsanは、現在SevtechAgesを遊びながら動画にするために撮影しています。

なかなかメモリーを使うモッドパックだったのと、調べてみたらSevtechAgesを起動できなくて困っている人も見かけたので、メモリーの設定の大切さについて書いてみました。

SevtechAgesを攻略動画を参考に見ながらプレイするには32GB積んだほうが安定してあそべますというお話でした。

それではまた次の記事でお会いしましょう^^

 

【ブログ投稿主DAsanのプロフィール】
https://da-san.work/profile/

【ブログ外で投稿主のやってること】
ギターブースター製作 D.A-project
https://daprojecteffector.com/
ニコニコ動画投稿
https://www.nicovideo.jp/user/17005243
Youtube動画投稿
https://www.youtube.com/channel/UCAj8wqPqMZdAxpURAT_rSxg
小説投稿 pixiv
https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=15570584

最新情報をチェックしよう!